看護師求人で注目すべき点とは?

看護師求人はここをチェックするべき!

看護師に限らず、求人を探すときは何かしらの項目に注目して探す人が多いと思います。ただ、看護師の場合、求人に提示されている待遇や労働条件を守って勤務できない場合が、意外と多いそうです。その理由は、看護師が全国的に不足しているからです。

看護師が過剰になったことなんて今までなかったのに、看護師が活動できる場所が増えてしまったため、病院やクリニックなどで勤務する看護師がさらに不足してしまったのです。そこで、求人を出す時は少しでも応募者が多くなるように、魅力的な労働条件を提示する施設があるのです。

だから、労働条件や待遇で職場を選ぶことも、もちろん大切なのですが、それ以上にあなたがどんな働き方をしたいのか、理想的な働き方ができるのかという点に注目して、求人を探すことがおすすめです。

今では、インターネットの看護師の求人支援サイトで簡単に、求人情報を調べることができますので、基本情報の他、細かい点についてもまんべんなくチェックするようにしましょう。

まず、インターネットの場合は、主に求人先の基本的な情報がわかります。病床数や看護師数を見れば、その施設がどのくらい忙しいのかある程度予測ができると思います。また、休日や給与に関しては、自分の条件に当てはまっているかどうかがわかります。

診療科目によって仕事はかなり違ってきますので、診療科目もきちんとチェックしましょう。また、スキルアップを狙っているのならば、その施設は教育支援など行っているかもチェックしましょう。
牛久愛和病院

もちろん、ドクターについての情報も大切です。他にも病院と自分のスタンスが異なると、働きにくくなるので、理念も要チェック項目です。忘れがちですが、病院区分も働いていく上では大切なのでしっかり確認しましょう。インターネットではこれくらいの項目をチェックできます。

そして、求人に応募する上でオススメなのが、実際に希望施設に足を運ぶことです。大きな施設ならば、患者さんやお見舞いに来た人のふりをして、病院内を見まわることも簡単です。看護師はテキパキ動いているか?どれくらい忙しいのか?患者さんの層や人数などもチェックできますね。

また、医療施設だけでなく、絶対に使うことになるトイレも要チェックです!そして、夜勤があるなら、その地域の治安もよく調べたほうが良いでしょう。意外と忘れがちなのが、交通ダイヤです。このような部分をきちんとチェックすることで、良い職場を見つけることが可能になるのです!

看護師求人:施設看護師として働きたい

施設看護師というのは、介護施設で働く看護師を差します。入居者の病気のケアに健康や衛生上の管理やアドバイス、バイト看護師としての経験や知識を活用し、介護施設のスタッフたちに対しても、研修を行ったりすることも施設看護師の業務内容に含まれるようです。

一般的に介護老人福祉施設にはお医者様が滞在していません。そのため健康管理や服薬指導なども、看護師の欠かせない業務にひとつになります。また介護老人保健施設の場合は、褥創の入居者を見つけたときは常駐のお医者さまに伝えるなど、入居者が健やかな毎日を過ごせるようにスタッフ内で協力体制を取ります。

一言に介護施設とまとめてしまいがちですが、上記のように介護老人福祉施設と介護老人保健施設では若干の違いがあるようです。

福祉介護施設では介護師が勤務していますが医療の知識については看護師の方が上のために、お医者様としっかりとした情報の受け渡しが出来ます。バイト看護師の配置数も決められています。

入居者が100人の場合、介護老人福祉施設では看護師が3人以上必要ですし、同じく入居者が100人の介護老人保健施設の場合、看護師は10人以上必要となっています。また、介護老人保健施設には24時間体勢で看護師が勤務することを求められているため、夜中でも看護師は保健施設に滞在する事が必要です。

施設によって配置などやシステムに差があるため一概には言えませんが、介護老人福祉施設のケースでは、100人の入居者に対して介護職員は31人必要です。看護師は前述通り3人以上が必要となりますが、介護老人保健施設と違い看護師が24時間常勤の必要はありません。すなわち夜勤がない施設も存在するそうです。

介護老人保健施設では100人の入居者に対し10人以上の看護師に加え、介護スタッフは24人以上と定められています。そして看護師の24時間勤務だけではなく、お医者様や、理学療法士作業療法士なども常勤となっています。

耳にしたことも多いと思いますが、特別養護老人ホームという名前は介護老人福祉施設を指します。自分の家で毎日を過ごすのが難しいという人や要介護認定を受けた人や介護ないと生活ができない人、また障害を持った人などが入居する施設です。

家で生活する事が今後難しい人なども入居を許可されています。入居した場合は、スタッフたちが食事や排泄のサポートをしたり、ケアを行います。長い間入居する事が出来るために、最後を迎えるまで施設で過ごす人も少なくありません。夜勤のない施設も中にはありますが、連絡体制は24時間完備という施設も多いです。

反対に介護老人保健施設は、今後自宅に戻り自分で生活していけるようにという目的を持った介護施設になります。入居者が自宅に戻っても生活していける状態に戻していくためにリハビリなども行われていますし、看護師やお医者様、介護スタッフ以外にも理学療法士や作業療法士も存在している介護施設です。

看護師が不足している原因

看護師不足は世界中で問題になっています。何十年も前から看護師不足と言われていますが、現在もまだまだ問題解決には至っていません。なぜ看護師不足なのかというと、社会的背景や政治方針にが要因とされています。

看護師不足の歴史を年代別に紹介したいと思います。

★1960年代…看護師達が人事院に行政措置要求書を提出
看護師不足による過労が問題になり、労働環境の改善を求めて国立病院などの看護師が立ち上がりました。

★1965年…複数人による夜勤体制が確立される
2・8判定が人事院より出され、ようやく現在に近い体制となりました。

★1985年…第一次医療法改正
以前は自由に病院を開業することが許されていましたが、法改正によって条件を満たしていないと開業が認められなくなってしまいました。都道府県別に必要な病床数を算出し、数を満たしている場合は開業ができないというものです。

病床数が減るということなので看護師不足が解消されるかと思いきや、法改正が施行される前に駆け込み増床が全国で行われ、急激に病床が増加してしまいました。その結果看護師がさらに不足する事態に陥ります。

★1990年代…看護師不足が再び社会問題に
これは第一次医療法改正が原因と言われれています。看護師獲得競争が激化しました。

★2006年…診療報酬が改定される
診療報酬で認められている看護師と患者の割合というものが設定されています。以前は患者10人に対して看護師1人の割合が最も上の人員配置でした。しかし、改定後は患者7人に対して看護師1人という新たな人員配置が設けられ、診療報酬をできるだけ高く得たい病院が看護師を募集するようになったのです。

特に急性期型の病院の募集が目立ちます。日本というのは先進国の中でも人口に対する病床が大変多いです。しかし病床に対して看護師の数が少ないことで知られています。これらが背景にあり、現在は患者さんからも医療機関からも看護師の需要が高まっています。